「XREAの灯」掲示板
 XREAユーザー,Coreserverユーザー,Value-Domainユーザーの掲示板です.
 初めての方もネチケットを守って,お気軽にご参加下さい(^^)/
 リンクは当面,http://xrea.users-net.com/へお願いします.
4 / 256     ←次へ | 前へ→

ワンクリックで無料SSL化できるケース:CoreserverとXREA
 marry  - 20/6/14(日) 0:25 -
 CoreserverやXREAでは,一つのレンタルサーバー契約で複数のドメインを運用することができます.

 基本的には,ドメインウェブの設定画面のMain欄に設定したドメインで運用するのですが,Sub欄を追加すると,そのドメインも運用することができます.

 たとえばs999.xrea.comとか,m999.coreserver.jpを契約しているときに,
(旧コントロールパネルの)ドメインウェブの設定画面で,次のように設定しているものとします:
Main   www.marry.com

 さらに追加で,subに下記を設定すれば複数のドメインウェブを運用できるのです.
Sub1   bbs.marry.com
Sub2   www.budgie.net
Sub3   www.birds.org

 ここまではCoreserverやXREAユーザーの常識です.

 さて,ここからが本題です.常時SSL運用するのに,すでに上記のSubに設定したドメインの場合は,ワンクリックで常時SSL化できるということです.
 新コントロールパネルに移動して,「無料SSL」のラジオボタンをクリックします.設定が反映されるまで5分ほど待ちます.これだけです.
 確認のため,http://www.birds.comにアクセスすると,ブラウザのURL欄は鍵マークが表示されて,見事にSSL化されていることがわかります.
 XREAやCoresereverでは,http://www.birds.comのhtmlファイルに,(httpsでなく)httpで画像を読み込むような記述があったとしても,HSTSという仕組みによって,(基本的には)httpによるアクセスをhttpsに読み替えてSSLでアクセスしてくれるので,これが成り立ちます.
 ただし「基本的には」と書いたのは完全ではないからです.一部のコンテンツはHSTSでhttpsに変換されないことがありますから,わずかな修正が必要なことがあります.

 さて,こうしてワンクリックで無料SSL化したドメインは,コントロールパネルのドメインウェブ設定では,どう表示されるかというと,SubのSSL運用ドメイン欄に「自動的に」転記されていました.
 つまり無料SSLのラジオボタンをクリックするだけで,常時SSL運用できるようドメイン設定を書き換えてくれるわけですね!
 これなら運用中のドメインを簡単にSSL化できます.楽ちんです!

引用なし

パスワード


15 hits
・ツリー全体表示

XREAで既存サイトを無料SSL化する方法 marry 18/2/25(日) 11:38
無料SSL化したサイトを非SSLに戻す方法 marry 19/12/1(日) 18:09
ワンクリックで無料SSL化できるケース:Coreserverと... marry 20/6/14(日) 0:25

4 / 256     ←次へ | 前へ→
 22,689
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b3