「XREAの灯」掲示板
 XREAユーザー,Coreserverユーザー,Value-Domainユーザーの掲示板です.
 初めての方もネチケットを守って,お気軽にご参加下さい(^^)/
 リンクは当面,http://xrea.users-net.com/へお願いします.
6 / 78 ツリー    ←次へ | 前へ→

固定IPアドレスで運用中のSSLサイトを無料SSLに切り替える marry 20/1/3(金) 5:07

ステップ1:現用サイトを根こそぎバックアップする marry 20/1/3(金) 5:09

ステップ1:現用サイトを根こそぎバックアップする
 marry  - 20/1/3(金) 5:09 -
●ステップ1:現用サイトを根こそぎバックアップする
(1-1)バックアップ先サーバーとして,Coreserverのアカウントで新規契約します.
 ただし30日間のお試しで契約するので「無料」です.
 十分なサーバー容量が必要なので,たとえばCore-Aプランのサーバーをバックアップするには,同じプランのサーバーを契約します.
 契約時のアカウント名(FTPアカウント名にもなる)を現用アカウント名(FTPアカウント名)と同じにするのが重要なポイントです.さもないとバックアップ先から書き戻すときにファイルのオーナー名が変わってしまって面倒なことになります.

(1-2)サーバー間バックアップで現用コンテンツをコピーする
 バックアップ先サーバーのコントロールパネルにログインして,現用サーバーのファイルをまるごとコピーします.
 「サーバー間バックアップ」はバックアップ先サーバーへ現用サーバーの内容をコピーすることしかできません.その逆方向はできないのです.
 逆方向,つまり書き戻すときは,現用サーバーのコントロールパネルにログインして,バックアップ先サーバーのコンテンツをコピーします.
 サーバー間バックアップで引っかかりそうなのは,アカウント名の設定です.これはvalue-domainへログインするときのアカウント名ではなくて,FTPアカウント名,つまりそのサーバーにアカウントを作成したときのアカウント名ですから注意しましょう.
 サーバー間バックアップがうまく機能したかどうかは,バックアップ先サーバーのルートディレクトリに作成される.servercopy.logというログファイルを見ればわかります.
 サーバー間コピーを実行すると,十数秒後から数十秒後に,このファイルが作成されます.すでにこのファイルがあれば,上書きされます.
 このファイルをFTPクライアントなどで監視していれば,正常に動作したかどうかがわかります.
 失敗しているときは,たいてい百数十バイトぐらいの小さなサイズであり,エラー内容がテキストファイルで記録されています.
 サーバー上の作業は高速ですから,数十Gバイトあっても十数秒もあれば終了します.
引用なし

パスワード


90 hits
・ツリー全体表示

6 / 78 ツリー    ←次へ | 前へ→
 22,565
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.01b3